ブロゲーロ

会社生活

退職を申し出る際に考えるべき事、待ち受けるトラップ(罠)にも注意

// 転職活動が終わり、退職の目処がつき、申し出を考え始めると、 「いつ言えばいいの?時期、タイミングは?」 「事前に何を考えておけばいいんだろう。」 「上司との話し合いは正直なところ気が重い。」 「上司に引き留められたらどうしよう。」 「申し出…

退職で「寂しい」と思う感情への対処方法(する人、される人)

// 「退職を決めたら、無性に寂しくなった」 「退職の噂が広まり、みんなが優しい気がする」 「○○さんが退職してしまうので寂しい」 「会社から去った○○さんに会いたい」 自分が退職をしたり、誰かが退職をしたりすると感傷的な気持ちになるものです。 この…

頭の悪い上司には「カラのレジ袋」のように対処し、会社で生き残る

// 「そのやり方、頭悪いんじゃない?」 「そんな事も知らないの?」 「このまま進めたら、大失敗になりそう。」 「この頭の悪い上司と一緒に責任取りたくない!」 「頑固だし、反対意見なんて絶対聞かないし・・・、どうしよう。」 上司と話しているとこん…

無能な上司にイライラした時の対処法と、彼らの特徴と成り立ち

// 「昨日と言ってる事が違うんですけど?」 「上司へのゴマすりばかりで、どこ向いて仕事してんの?」 「稟議の中継と部下の仕事の邪魔ばかりで、他に何か仕事してるの?」 「見ているだけでイライラする!」 と、優秀な部下であればあるほど、無能上司を見…

朝からラジオ体操強制は、古い体質で無駄な仕事だらけの会社のサイン

// 「朝のラジオ体操は強制だし、気が重い」 「しかも外で、何かの罰ゲーム?」 「この会社、無駄な仕事だらけじゃない?」 「お客様じゃなくて上司に向けた仕事ばかり」 こうした無駄な仕事ばかりさせる、古い体質の会社ではどうすればいいのでしょうか。 …

退職を申し出たら裏切り者扱いされた時の対処法(古い体質の会社)

// 退職を申し出た翌日くらいから、職場に違和感を感じ始めます。 「職場の同僚がよそよそしいのはなぜ?」 「上司が挨拶を返してくれないのはなぜ?」 「上司が攻撃してくるのはなぜ?」 「自分がやってきた仕事が突然方針転換されちゃうのはなぜ?」 それ…

退職後も付き合いが「続く?続かない?」、職場での人間関係とは

// 「よしっ!辞めてやる!」 と自分の中で決意した後で、 オフィスを見ると目に入る上司、同期、部下。 こんな疑問が浮かび上がってきます。 「嫌いな上司と付き合いは続くの?」 「仲の良かった同期とはどうなるの?」 「可愛がった部下との付き合いは?」…

タテ社会(古い体質の会社・組織)に関わるなら、読みたい一冊

「みんな「ウチの会社」って言うのはなぜ?」 「上司に反論したら評価を下げられたのはなぜ?」」 「中途で入ると浮いた感じになるのはなぜ?」 「無価値な老害が偉そうにしているのはなぜ?」 古い体質の企業に入社したり、組織に入ると必ず感じる「なぜ?…

転職エージェントが使えないとイライラしたら考えてみたい事

// 「まともな求人を紹介してくれない。」「連絡がなかなか来ない。」「会社の言う事ばっかりを押し付けてくる。」「給与交渉も全然してくれない。」 エージェントを使って転職活動をしているとこんなイライラを持ちますが、 こんな事を考えてみたらいかがで…

「会社を辞めたい」と思ったら、素直にその気持ちに従いやるべき事

// 「もうこの会社ウンザリ。」「会社の事を考えるだけで鬱になりそう。」「さっさとおさらばしたい。」と、こんな思いが強くなったら、 やるべき事があります。 このブログのまとめ これまでの仕事を整理して市場価値を計測 市場価値が無いなら歩くのがおす…

昭和な価値観で古い体質の日本企業の特徴(≒ブラック企業)と対処法

昭和な価値観満載の古い体質の会社にいると、ある日、違和感に気付きます。 「この社風、今の時代にあってない。なんか古臭い。」 「会社の雰囲気や緊張感に違和感を感じる。」 「会社に居るとなんだか息苦しくて辛い。」 こうした会社は間違いなく古い体質…

「銀行員は使えない!」と言われずに事業会社で上手く使う方法

結論、はじめに 「借金まみれの会社」での銀行員 「資金が潤沢にある会社」での銀行員 銀行員の特性 上司に忠実(忠犬ハチ公) クソ真面目 管理が得意 数字を見てつまらない文句を言うのが得意 書類の細かいミスを見つけるのが得意 リスクの臭いに敏感で逃げ…

「総務は使えない!」と言われない為には?

「まとめ」と「始まり」 いつも傷つく、立場の弱い総務 耐えるのが当たり前の総務 価値ある総務の姿 最後に // 「まとめ」と「始まり」 まとめ:「受け身」総務はお荷物で「使えない!」 会社(営利企業)の中では「金を稼いでいる人が偉い!」が揺るぎない…