ブロゲーロ

総務はお荷物?

 

結論:「受け身」総務はお荷物

 

金を稼ぐ前線、いわゆる直接部門に所属している人達は総務を見て、

「会社のお荷物、雑用係でしょ?」

「暇なくせに、どうして言われてからしか動かないの?」

「俺たちの邪魔にならないようにしてもらえる?」

「総務に行ったら終わりだよね。」

と考えている人は多い。

 

わたしも以前の職場では総務部システム課に所属していたので、前線部門の人達から「金を稼いでいない、雑用部門の一員。」と一緒にされ、時にイヤな気分をしていました。

 

こんな空気を知ってか知らずか総務の人々は「コストセンター」「お荷物」等の言葉に敏感だし、常日頃からコンプレックスを抱いています。

 

そんなコンプレックスを抱いているにも関わらず、前線部門の人から横柄な態度で仕事を依頼されると、

  • 歯向かってみるものの、立場が弱いので従う・・・でも、心は傷つく、
  • また嫌な思いをしたくないので、自発的に前線部門のお世話をする気持ちが無くなり、
  • 受け身がちになる、
  • 受け身だから前線部門は「気付けよお荷物!」と苛立ち、
  • 余計イジメられ、
  • 更に受け身になり・・・、

と負のスパイラル陥ります。

 

弱い立場の人間を攻撃する、典型的なイジメの構図ですが、

組織は「本業に従事する人が中心、立場が上」なのだから、

それ以外の間接部門、特に総務の人達はグッとこらえて自発的に前線部門のお世話をしなければならないのです。

 

こんな事を言うと、

「総務が無くなれば会社は機能しない!」

「俺たちだって、大事な戦力!」

と言われそうですが、最近は総務機能を丸ごとアウトソーシング出来てしまい、確かに外注だと不自由な事はあるかもしれないが、お金を稼ぐ機能さえあれば会社は存続出来るのです。

 

それならばどんな総務なら価値は出てくるのでしょうか?

答えは簡単で「傷つくのを恐れない、自発的に動く総務」なのでしょう。

 

最初はどんなにバカにされようとも

「何か不都合な事はありますか?」

「そろそろ名刺無くなる頃ですよね。追加注文しますか?」

「こんな雑用、私がしますよ。」

こうやって率先してお手伝いをしていれば、次第に前線部門の人達との 信頼関係を築く事が出来、困ったときの頼れる存在になっていくのではないでしょうか。

 

そもそも前線部門の人が後方部門に対して思いやりを持って接すれば、こんな現象は起きないのですが、上下を作りたがるのが人間の常ですから仕方ないのでしょう・・・。

 

 腐らずに頑張ろう、総務!