ブロゲーロ

「監視していないと部下は仕事をサボると思っている」上司への対処法

 

「監視していないと部下は仕事をサボると思っている」上司への対処法

 

「仕事をしていないと上司に疑われている」

「上司が監視したがる」

 

こんな「監視していないと部下は仕事をサボると思っている」上司への対処法があります。

 

このブログのまとめ
  • マメな意思疎通
  • ゴマが足りない!
  • 仕事より信頼が先
  • 対立軸は自分の首を絞める
対象の方
  • 監視する上司への対処法を知りたい方
  • 古い体質の企業でなんとしても生き残りたい方

 

 

筆者は約20年、日本企業等、5社に所属したり、製造業が中心ですが何社もの企業に訪問し、経営者や上司と言われる方々と一緒に仕事をしてきました。

 

結論からすると「上司は部下を監視したい。」と思っています。

 

ちまたでは、

「上司は部下を信頼し、全てを任せる」

なんて言葉がありますが、ただの理想論です。

 

しかし、世の中には監視されずに自由にサボれる部下も居ます。

 

筆者はいつでも監視されていましたが、同じ部署の先輩や後輩は全く監視されず、上司との関係も良好でした。

 

転職し、その先輩や後輩と同じ振る舞いを真似してみると、不思議な事に上司の監視は弱まりました。

 

気になったので、その先輩と後輩と飲み、話を聞いたところ、

「今頃、気付いたの??遅すぎ(笑)」

と笑われました。

 

また、自らが上司になってみると、

「だから、あの時の上司は監視したくなったのか。」

と納得する事もあったので、監視したがり上司への対処法についてまとめます。

 

 

上司はなぜそう思うのか?

  • 自分がサボっていたから
  • 部下(あなた)を信用していないから
  • もっと上からプレッシャーをかけられている

 

自分がサボっていたから

どんなサラリーマンもサボった思い出の一つや二つはあります。

 

要領よく仕事をこなして昇進した上司はサボるのも得意です。

 

となれば、

「あいつも同じようにサボっているんじゃないか?」

と部下を疑うのは当たり前です。

 

サボる部下を大目に見たいところですが、こうした上司は上昇志向も強く、自分の昇進にマイナスとなる部下のサボりには厳しくなるので、監視をしたくなります。

 

部下(あなた)を信用していないから

ここでいう信用は、部下の仕事に対する信用ではありません。

 

部下を一人の人間として信用していないのです。

 

そもそも上司は孤独です。部下と和気あいあい出来る上司などこの世に存在しません。

 

「どうせ裏に回れば、俺の悪口を言っているんだろうな。」

上位職になればなるほど、孤独になり、こうした事を思います。

 

部下は部下で、上司と関わるのは面倒なので最低限のコミュニケーションになります。

 

そうすると上司の孤独はますます深まり、部下とのコミュニケーション不足も相まって、部下を信用できなくなります。

 

「避けられている」と感じる相手に好感を持てと言われても無理なのは明白です。

 

上司も同じ人間、避けられれば、部下に好感や信頼感を持ちません。

 

そんな相手を監視したくなるのは当たり前です。

 

もっと上からプレッシャーをかけられている

取締役や現場を離れている統括部長などからプレッシャーをかけられている可能性もあります。

 

現場から離れている彼らは、現場の実態が分からなくなっています。

 

そんな時に、報告や業務が遅延したり、トラブルが発生すると、

「あいつら、ちゃんと仕事をしているのか?」

と疑心暗鬼になります。

 

そうなると現場を直接指揮する課長や部長を呼びつけて、

「お前らが野放しにしているから、まともな仕事が出来ないんじゃないのか?」

「しっかり管理できているのか!甘やかし過ぎだ!」

と叱りつけます。

 

叱られてしまった課長や部長は、取締役に気に入られる為、昇進の為に部下の管理を今まで以上に厳しくし、監視もしたがります。

 

 

対処法

  • こまめな進捗報告と相談
  • 信頼関係構築
  • ゴマをする

 

こまめな進捗報告と相談

部下が避ければ、上司は監視を強めるので、こまめなコミュニケーションを取る事が必要です。

 

「ちょっとお手すきの時に報告と相談したい事が。」

と時間を取ってもらい、進捗報告と相談をしていると上司の機嫌は次第によくなり、監視も緩みます。

 

その際は必ず小さな相談事を持って行きましょう。

 

誰しも頼られると嬉しいもので、

「そんな事くらい、自分で考えろ!」

と言いながらも、内心はまんざらでもありません。

 

信頼関係構築

やはり人間関係を良好にするには、こまめなコミュニケーションは当たり前ですが、雑談も非常に重要です。

 

飲み会等で聞いた上司の趣味や子供の話でもいいので、仕事の話の始まりや終わりに差し込みます。

 

誰しも話したいものなので、

「そんな事より仕事の話をさっさとしよう。」

と言いながらも、内心は喜んでいます。

 

ゴマをする

「監視が強まるのはゴマが足りないから」とも言えます。

こまめなコミュニケーション、信頼関係にプラスアルファで部下はゴマをするべきです。

 

服装や容姿、持っている物を誉めるのは露骨で不快に感じてしまいます。

 

そうではなく、仕事の相談をし、数日したら、

「○○課長の言う通りにやったら、うまくいきました!」

「私はまだまだ経験不足ですね。」

と、自分を落としながら遠回しにゴマをすります。

 

うまく持ち上げれば、上司の機嫌は良くなり、信頼関係も高まり、監視も減ります。

 

 

やってはいけない事

  • 仕事で見返す
  • 対立する

 

仕事で見返す

「きちんと仕事の成果を出せば、監視する気もなくなるはず。」

これは大きな間違いです。

 

  • 自分はサボってたけど部下はダメ
  • 自分を慕わない部下が気に入らない
  • 上からのプレッシャーがきつい

 

こうした理由で上司は監視モードになっているのに、仕事で見返しても的外れです。

 

むしろ逆効果です。

 

部下は「そこそこ」くらいが「自分の地位を脅かさなくていい。」

と考えている上司が世の大半です。

 

「部下は優秀な方がいい」

「部下の成果を助けるのが上司」

こんな言葉も見かけますが、ただの理想論です。

 

実際は自分の保身に必死な上司だらけです。

 

筆者もそうでしたし、どこに行ってもそれは変わりません。

 

上司がそんな事を考えているのに、ゴマもすらない、自分を避ける部下がいくら良い成果をだしても面白くありません。むしろ脅威に感じ、下手をすると足を引っ張られ、評価を落とされます。

 

対立する

「上司と意見対立するのは当たり前」

 

古い体質の企業でこんな感覚を持っていると、監視は強まるばかりです。

 

こうした会社では、部下は従順な子羊を演じなければなりません。

 

どうしても自分の意見を聞いてもらいたい場合は、「カラのレジ袋」になる必要があります。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

最後に

古い体質の企業では仕事は要領よくこなし、ゴマすり三昧で昇進した上司ばかりです。

 

こうした上司達は、

  • どうすれば昇進できるのかを緻密に考え
  • プライドを捨てゴマをすり
  • 深夜まで仕事をこなすフリをし

昇進という結果を出しています。

 

彼らは「仕事」という面では二流、三流かもしれませんが、「会社でサバイバル」するという面においては極めて有能です。

 

こうした上司達の心の中を読み、「仕事で勝負、意見で勝負」といった対立軸を作るのではなく、スルリと懐に入り込むと古い体質の企業では生き残れます。

 

これで記事は終わりとなります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

本記事は対処の上手い先輩や部下の観察、そして筆者自身の失敗を基にしています。

多少なりとも、古い体質の企業での生き残りの参考になれば嬉しい限りです。