ブロゲーロ

オンラインスペイン語会話の意味のある利用法とDELE対策

オンラインスペイン語会話の意味のある利用法とDELE対策

 

 

スペイン語のオンライン会話ってどうなんだろう?」

「DELE対策をやりたいんだけど、どう進めればいいのだろう?」

「1クラスが30分や50分とあるが、間が持つんだろうか?」

 

こうした悩みを持っている方に、一つのやり方をおすすめします。

 

このブログのまとめ

  • オンライン会話をやるなら目的を明確にする
  • 予約した時間は「あなたの時間=お金」
  • 事前準備が無ければ意味は無し
  • 投資効率を最大化して目標を達成

対象の方

  • オンラインスペイン語会話を始めようとしている方
  • ついでにDELE対策もやりたい方(B1、B2向け)

 

筆者はスペイン語圏で2年ほど仕事や生活をし、日本に戻ってから約10年は全くスペイン語の勉強をせず、ほぼ全ての単語を忘れた状態から勉強を再開し、オフィスでコソ勉をしたり、週末に図書館で勉強をし、DELE B1,B2を取得しました。

 

DELEを目指すにあたり、作文と口頭は独学では出来ないので困りました。

 

週末に1回、2時間でマンツーマンで教えてもらう以外はスペイン語の先生とは接点が無いし、平日は帰宅時間も遅いので教室に通う事も出来ないので、必然的にオンラインでのスペイン語会話を選択せざるを得ませんでした。

 

幸か不幸か厳しい先生にあたる事が多く、そのおかげでオンライン会話を有効利用する事が出来たので、その方法を書いておきます。

 

 

準備無くレッスンを受けるのは意味が無い

  • 予約したら準備は必須

最初の頃はとりあえず予約をして、何でもいいから話す事を筆者はやっていましたが、ある日、いつもの通り準備もしないで適当に話していると、

「この時間はあなたの時間なんだから、何をやるか事前に準備するべきだ。」

「ただおしゃべりをしていても、あなたの目標は達成できない。」

とハッキリ言われてしまいました。

 

日本人の感覚だと、口を開けて待っていれば何でも教えてくれる受動的な態度が小中高と身に付いてしまっているので、筆者も、

「お前が先生なんだから、何をやるかぐらい考えろよ!」

「それにDELE取得したいって言ってるんだから、お前が準備しろよ!」

と思いましたが、これは考え方の間違いでした。

 

仮に彼らが準備をし、口を開けて受動的に教えてもらっても、レッスンが終われば、頭の中から消えて行ってしまうでしょう。

 

やはり、主体的に準備をし、ネイティブを使い倒すくらいの感覚でレッスン時間を使わなかったら、ただのお金の無駄になってしまうのです。

 

それ以降、準備が出来ていない時はレッスン前に、

「今日は準備が出来ていないから、1レッスン、有給休暇をプレゼント。」

とメッセージを送り、休みにしました。

 

 

事前準備

準備ですが、DELE対策であればテキストを使えばいいのですが、それ以外であればネイティブからも勧められた準備をいくつか紹介しておきます。

  • 日記
  • 作文
  • 新聞
  • 仕事の手紙・メール

日記

中級レベル以下の方では身の回りの事を不足無く言える事になるのが重要なので、まずトライしてみる事をおすすめします。慣れてきたら、全部書かずにキーワードだけをメモし、しゃべりながら頭の中で文章を組み立てるのも良いトレーニングになります。

 

作文・新聞

少し難易度が上がりますが、ネイティブに言われたのは

「自分の興味関心のあるテーマは選ぶな。」
でした。

 

やはり興味関心のあるテーマは積極的に単語を覚えたりしているので、敢えて興味関心の無いテーマを選ぶ事で、ボキャブラリーを豊富にする事が出来ます。

 

仕事の手紙・メール

中上級レベルでは避けて通れないフォーマルな書き方です。これも常日頃からトレーニングしていないと、どれがフォーマルでどれがインフォーマルなのかが混同してしまいます。結果、
「~ではございますが、それやっといて。」
と不思議なスペイン語を書いて、ネイティブの笑いを誘う事になります。


DELE対策(B1、B2)

作文

問題集を購入し、レッスン前に時間を測りながら書いて、レッスンで添削してもらうやり方をおすすめします。

 

一つ注意点があります。

実際のDELEでの筆記試験は手書きなので、時間を測りながら書く際も手書きで行なわないと、自分がどれくらい時間がかかるのかが分かりません。書き終わったら、PCのメモ帳にでも打ち直し、添削をしてもらいましょう。

 

口頭

実際の試験ではB1では15分、B2では20分の準備時間があるので、それと同じようにレッスン15分、20分前から準備をして、skypeのコールと共に準備を終了し、レッスンでは口頭のシミュレーションをしてもらう形ですすめましょう。

 

実際の試験と同じような切迫感を感じながら準備をするためにも、レッスン15分、20分前から準備をするのがおすすめです。

 

B2を目指すなら更に

B1と比べると質問に対する答えも一段高いものを要求されるし、何よりもネイティブに近い流暢さを求められるので、さっと流暢に答える練習をしておくことをおすすめします。

 

具体的には、ネイティブに質問をしてもらい、答える。
さらに「なぜ、そう思ったのか?」と質問してもらう。
さらに答える。
さらに「なぜ、そう思ったのか?」と質問してもらう。
さらに答える。
さらに「なぜ、そう思ったのか?」と質問してもらう。

これを繰り返しましょう。

 

筆者はこれを知らずに、初めてやられたときに、途中で答えにつまってしまい

「こいつ、ケンカ売ってんのか?」

と思い、

「何が目的?ケンカしたいの?」

とオンラインごしに怒った経験があります。それくらい答えにつまってきてしまうものです。

 

何度も繰り返すうちに自然に答えられるようになるので、それまではイライラしても耐えて頑張ってみましょう。

 

 

投資対効果を最大にする

  • エクセルを作って管理

やはり目標があったとしても、
「疲れているし・・・、」
「明日は忙しくて疲れているから、キャンセルしようか・・・」
となりがちですが、そんな時はエクセルを使って管理する事をおすすめします。

 

毎月のレッスン料合計÷総レッスン数=1レッスン当たりの金額

 

これが分かるシートを作成し、
「1レッスン当たり何円」
になっているのか把握できるようにしましょう。

 

インターネットを見ればオンライン会話のサイトでは
「1レッスンあたり○○○円!」
と安さを謳っているものが大半です。

 

サボりが増えてしまうと、安いはずのオンライン会話の時間単価がどんどん上がってしまう事になりかねませんし、予約されずに消えたレッスンのポイントは運営会社に寄付しているようなものです。

 

 

「スパニッシュオンライン」を選択

  • 30分という区切りの良さ

ネットで検索するとスパニッシモとスパニッシュオンラインが二大勢力のようです。

 

スパニッシモも魅力的でしたが、筆者は働きながらの勉強だったので時間を確保しやすい1レッスン30分の「スパニッシュオンライン」を選択しました。

 

結局のところ、オンライン会話は

「どれにする?」

よりも

「どうやって使うのか。」

が重要なので、どちらでもいいと感じています。

 

 

目標の明確化

  • DELE対策は一つの良い目標となる

最後にスペイン語に限らず、語学を学習する上で、
「目標を明確にする。」
のが非常に大切です。

 

筆者の場合は、
「DELE B1, B2合格」
と目標がありました。

 

しかし、ただなんとなく

「外国語(スペイン語)を喋れるようになりたい。」

「外国の人とカッコよく外国語(スペイン語)で話したい。」

こうした漠然とした目標だと、どこがゴールかが見えにくくなってしまいます。

 

ただでさえ語学は地道な努力が必要な勉強なので、途中で挫折する事を防いでくれる事にもなるので、明確なゴールを設定する事をおすすめします。