ブロゲーロ

情シス

「やってしまった・・」にならない為のシステムのコード設計

結論、はじめに コード設計の基本用語 シーケンスコード 桁別コード ブロックコード 二モニックコード デシマルコード 意味有りコード?意味無しコード? 将来の拡張性 終わりに 結論、はじめに 結論:基本を押さえ、将来の拡張性を踏まえてコード設計をしま…

その業務のシステム化は必要ですか?エクセルじゃダメですか?

結論、はじめに 現場からのよくある質問 システムの得意、不得意 対策、最後に 結論、はじめに 結論:定型業務でないのなら、システム化しても効果は低いし、使われないかも。 最近では基幹系業務(受注、予約、実績、販売、売上、請求)についてはシステム…

現場部門の小さな業務改善で情シス業務は楽しくなる!

結論、はじめに システム化から取り残された数多くの業務 どうすれば改善は進む? 最後に 結論、はじめに 結論:業務効率が上がり、現場に感謝された日の帰り道の気持ちよさ 情シスをやっていると、日々のシステム・IT機器の管理業務、問い合わせ対応やらと…

「ひとり情シス」の業務効率化

結論:「おもり仕事」は極力減らして、自分の価値を高める仕事をしよう。 巨大企業に所属していない限り「ひとり情シス」になる確率は非常に高く、更にはずっと独りぼっちで仕事をしていく事も多いでしょう。 現場からの「PCが動かない、あとはエクセルの使…

情シスは何をしているか分からない!

結論:上司、同僚に対して、何をしているのか「見える化」する事が肝要 「毎日、何やっているの?」「やっている事がよく分からない。」と同僚などに言われた事がありませんか? 巨大企業なら情報システム部門に10~20名が在籍していて、部長、課長と序列が…

情シスの立ち位置

結論:現場と経営の間に立って、身も心もすり減って粉になりそうな存在 経営者や現場から普段の情報システム担当を見ると、 経営者「あいつはパソコンばかり見つめて、何をやっているか分からない人。」 現場「パソコンやシステムがおかしくなった時に直して…