ブロゲーロ

社長や上司の話を聞く態度と姿勢(自席にやってきた、呼ばれた)

社長や上司の話を聞く態度と姿勢(自席にやってきた、呼ばれた)

 

「社長や上司と話す時はどんな態度や姿勢がいいの?」

「そんな時にやってはいけない事は?」

 

古い体質の企業で、社長や上司と話す時にやるべき事、やってはいけない事があります。

 

このブログのまとめ
  • 脊髄反射で立ち上がる
  • 呼ばれたら馳せ参じる
  • 直立不動とメモ
  • 従順、真剣アピール
  • 「お前が立ってろ」はダメ
  • 「こいつら後回し」はダメ
対象の方
  • 社長や上司と話す時の態度や姿勢を知りたい方
  • 古い体質の企業でなんとしても生き残りたい方

 

 

 

 

 

筆者は約20年、古い体質の日本企業等、5社に所属したり、製造業を中心として何社もの企業に訪問し、経営者や上司と言われる方々と一緒に仕事をしてきました。

特にお爺さん経営者とは密接に関わってきました。

 

筆者はIT担当だったので、お爺さん経営者のパソコンの先生になる事も多くあり、経営企画業務ではお爺さん達と「コソコソ話」をよくしていたので、呼ばれる事は数多くありました。

 

時には態度や姿勢がお気に召さなかったようで、

「なんだその態度は!俺の話を聞く態度じゃない!」

と怒られる事もありました。

 

一方で、実に見事な振る舞いをする賢い同僚も居ました。

 

そんなゴマすりな同僚の振る舞いと筆者の微妙な振る舞いを対比し、サバイバル方法をまとめました。

 

 

対処法

  • 自席に来たら立ち上がる
  • 呼ばれたら急ぎ足・小走り
  • 手帳は必須
  • 聞くときは直立不動

自席に来たら立ち上がる

「○○さん、あの件なんだけどさぁ。」

 

突然、上司や社長がデスクに来た場合、即座に立ち上がります。

 

同時に、机の上にある手帳を手に取り、メモが出来る態勢になります。

 

これが正解です。

 

なので、机の上には手帳を絶えず置いて、こうした事態に備えておく必要があります。

 

もう一つ大切な事は、上司、社長がオフィスに居る時は気を抜かない事です。

 

Yahooニュースを見ていたり、ボーっとしていたり、眠くて目が閉じそうな時に限って、彼らは現れるものです。

 

筆者も不意打ちを何度もやられ、焦った回数は数知れません。

 

というのも、前述の通りIT担当をやっていたので、社長をはじめ上司がPCの使い方に困ると、筆者のデスクの後ろまで来て、

「ちょっと教えてもらえる?」

 

そんな時に限ってYahooニュースを見ていたり、眠くて目が閉じそうになっていたりと、慌ててブラウザを閉じたりしていました。

 

社長や上司が居る場合、オフィスでは気を抜いてはいけません。

 

呼ばれたら急ぎ足・小走り

「○○さん、ちょっといい。」

 

と呼ばれた場合、急ぎ足か小走りで社長や上司のデスクに向かいます。

 

もちろん、手帳は必須です。

 

呼ばれた時の声のトーンにも注意します。

 

明らかにイラついている声の調子だったら、即座に立ち上がり、小走りでデスクに向かいます。

 

以前、筆者の部下が呼ばれた時、タラタラと歩いて社長のデスクに向かったところ、

「困っているから呼んでいるのに、タラタラ歩いてくるな!」

と怒鳴られていました。

 

呼ばれた段階で、社長や上司が怒っているのか、ご機嫌が良いのか分からない場合、小走りでデスクに向かうのがベストです。

 

手帳は必須

前述の通り、どんな時でも手帳は必須です。

 

何も持たずに社長や上司の話を聞く事は失礼にあたります。

 

特に古い体質の企業では、手帳を持っていないだけで

「お前は俺の話を聞く気が無い!」

と怒られる事もあるので注意が必要です。

 

聞くときは直立不動

自席に来た時、社長や上司のデスクに行った時、いずれも直立不動になります。

 

片足に体重を乗っけた姿勢、背中で手を組む姿勢は横柄な態度をしていると思われ、彼らを不快にさせます。

 

シャキンと立ち、視線は真っすぐ彼らを見て、メモを取るフリをするのが正しい姿勢です。

 

 

なぜそうするのか?

  • 従順ですアピールの為
  • 真剣ですアピールの為

従順ですアピール

脊髄反射で立ち上がる、小走り、急ぎ足、直立不動、こうした態度によって、

「あなたの従順な部下」

を演じます。

 

特に古い体質の企業では「忠誠度」が昇進の基準にもなるので、こうした行為は「飲み会への参加」「お酌」などと並んで非常に大切です。

 

真剣ですアピール

従順さを示すのと同時に、真剣なアピールも必要です。

 

手帳、直立不動、真っすぐ見る、そしてメモを取るフリ。

 

これも重要です。

 

正直なところ、つまんないネタなのでメモを取るまでも無いという事が大半ですが、必ずメモを取りながら聞いている姿勢を印象付けます。

 

そして、適度な相づちも必要です。

 

「あいつは俺の言う事を低姿勢で聞く。」

このイメージを植え付けておくと、お願い事も増え、昇進の可能性もでてきます。

 

こうした態度を取っていると、同僚や部下からは冷ややかな視線を浴びせられます。

 

しかし、ここで考えるべき事は

「ここでサバイバルするのか?」

「それとも転職するのか?」

です。

 

サバイバルするのであれば、同僚や部下など知ったこっちゃありません。

中途半端にやっているとストレスが溜まります。

 

 

やってはいけない事

  • 座ったまま聞く
  • 普通に歩いて行く
  • 用事を済ませてから行く

座ったまま聞く

社長や上司が自席に来ても、立ち上がらないのは彼らを不快にさせます。

 

先ずは跳ね上がったように立つ。

 

これをやる必要があります。

 

「立ち上がったところで、『座っていいよ。』って言われるからいいでしょ。」

と思いがちですが、それは間違いです。

 

先ずは従順と敬意を示すために立ち上がり、それを見て社長や上司は、

「こいつは俺に服従している。」

と確認し、

「まぁいいから座って。」

と優越感たっぷりに言いたいのです。

 

これは社長や上司のマウンティングの一つなので、優越感を持たせストレス解消の機会を与えるのも部下の大切な役割です。

 

普通に歩いて行く

前述の怒られた部下の通り、とにかく小走り、急ぎ足で行く必要があります。

 

そもそも、何かを話したいから部下を呼んでいるのに、社長や上司を待たせてしまうのはアウトです。

 

「馳せ参じました!」

の雰囲気が大事なのです。

 

用事を済ませてから行く

これも普通に歩いて行くと同様に、最低の行為です。

 

「用事もそっちのけで来ました!」

の雰囲気作りが必要です。

 

例えば電話をしている時に呼ばれる事もありますが、こうした時はアピールを出来る格好の機会です。

 

「ちょっと大事な用事が入ったので、あとでかけ直します。」

と、少し大きな声で言い、即座に電話を切り、馳せ参じます。

 

間違っても、

「社長に呼ばれちゃったので、あとでかけ直します。」

と言ってはいけません。

 

こうした押し付けがましくないやり方で忠誠心を示し、馳せ参じると、社長や上司の信頼感も上がります。

 

 

最後に

社長や上司に呼ばれたり、自席へ話しに来るという事は、頼られている証です。

 

得点が出来る機会に、わざわざ失点する必要はありません。

 

「ちょっとやり過ぎかな?」

「同僚に冷ややかな目をされるかも?」

 

と思うかもしれませんが、少し過剰にやらないと気付かないものです。

同僚や部下を気にせず、彼らが気持ちよくなる振る舞いをすると、ますます頼られ、昇進でき、古い体質の企業で生き残れます。

 

これで記事は終わりとなります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

本記事は対処の上手い先輩や部下の観察、そして筆者自身の失敗を基にしています。

多少なりとも、古い体質の企業での生き残りの参考になれば嬉しい限りです。

 

 

生き残る方への関連記事

タテ社会(古い体質の企業・組織)の成り立ちと対処法が分かる一冊

 

なぜ「ウチ」の会社?なぜ会社や上司に忠誠?なぜ上司への口答え厳禁?なぜ中途入社者が浮く?の理由が分かる「タテ社会の人間関係

 

新天地に向けて動く方への関連記事

退職後も付き合いが「続く?続かない?」、職場での人間関係とは

 

嫌いな上司との関係は?仲の良かった同期とは?可愛がった部下とは?退職後も続くキーワードとは?

「会社を辞めたい」と思ったら、市場価値を計測して次を考えてみる

 

「辞めたい!」と思ったら、転職サイトの登録だけで市場価値を測ってみる方法の紹介。登録後、誰からも連絡がなくても、ふてくされずに歩けば未来は明るい。

リクルートを転職者、採用担当者として利用してきた感想

 

登録者が多く、良い求人には応募者が殺到するデメリットはあるものの、業界最大手ゆえの求人を吸い寄せる圧倒的な力など、登録しておいて損はありませんでした。