ブロゲーロ

昭和な価値観で古い体質の日本企業の特徴(≒ブラック企業)と対処法

f:id:todomio:20190701150225j:plain

 

 

転職経験の少ない社員は自社の社風が全てですが、昭和な価値観満載の古い体質の会社にいると、ある日、違和感に気付きます。

「この社風、今の時代にあってない。なんか古臭い。」

「会社の雰囲気や緊張感に違和感を感じる。」

「会社に居るとなんだか息苦しくて辛い。」

こうした会社は間違いなく古い体質の会社です。

 

一方、古い体質の企業を経験した転職者は、新たな転職先で、

「また、やっちまったー!」

「前の会社より酷い・・・」

「ついてないなぁ・・・」

「ひょっとして日本には古い体質の会社しかないんじゃないか?」

と疑いを持ちます。

 

このブログのまとめ
  • 昭和な価値観満載の古い体質の企業の特徴
  • そんな企業にハマったら心と体を病む前に脱出準備を
  • 会社を変えようと思ってもオーナーで無い限りは無理
  • 「和式トイレ」と同じように淘汰されていく運命
対象の方
  • 所属している会社が昭和な価値観で古い体質なのか知りたい方

 

筆者は約20年、古い体質の日本企業数社に所属したり、仕事で訪問してきました。更には経営企画や部門長も経験しているので、経営(元気なお爺さん)の方々と密接に仕事をしてきました。

 

これらの経験から言えるのは、

「時代は平成も終わり令和になったというのに、昭和な価値観で古い体質を持つ企業は多数存在している。」

ひょっとすると日本の大多数の企業は古い文化のままなのかもしれません。

 

そこで「昭和な価値観で古い体質」とは何かを筆者の経験を基に列挙してみましたので、あなたの会社が当てはまるのかチェックしてみてください。

 

 

特徴 

【オーナー、取締役、部課長の態度】

  • 部下に対しては高圧的で、社員は容易に取替えが出来るとまだ思っている
    ※「雇ってやってる!」感がいまだに満載
  • 社長、創業家に対しては絶対にイエスマン
    ※ 逆らう事は退職を意味する
  • 上から下にイジメの連鎖がある
    ※ 社長⇒取締役⇒部長⇒課長⇒係長⇒主任⇒ヒラ社員⇒派遣・バイト
  • 事業所内の一番偉い人が帰る時は部下がお見送り
  • 社長や上司が自分の席に来たら、立ち上がり直立不動で話を聞く
  • 未だにパソコン仕事に対して否定的な考えを持っている
    ※ 手書きが一番!
  • 退職者は裏切り者であり、退職者に「仕打ち」を行うのは当たり前

 

【職場環境】

  • 課長以上はおじさんだらけ(30代後半以上)
  • 取締役はお爺さんだらけ(60代以上)
  • 机の並びが教室の様になっていて、一番後ろに上司の席があり、部下のPC画面を監視出来るようにしている
  • 職場内に異様な緊張感があり、息が詰まる感じがする
  • 机の配置で誰が偉いか一目瞭然
  • 職位によって椅子と机の格差がある
  • ヒラ社員の椅子が昔ながらの4つ車輪の安い椅子
  • 席替えは部長が案を出して社長や取締役が決める事
  • 電話は新入社員が取る事が暗黙の了解で睨んだりプレッシャーをかける
  • 電話は小声で話す雰囲気

 

【身だしなみ】

  • 朝、白以外のワイシャツを選択すると、上司の顔が思い浮かんで躊躇する
  • 朝、ニットネクタイを選択すると、上司の顔が思い浮かんで躊躇する
  • スタイリッシュなスーツを着ていると社内で浮いてしまう
  • 男性が長髪にしたりヒゲを生やしたら、説教部屋に呼ばれるのは確実
  • 見栄えが悪いからとの事で、特に女性は眼鏡禁止

 

【勤務】

 

【勤務外】

  • 社員旅行、ゴルフ、イベント等に参加をしないとボーナスに響く
  • 上司が誘う飲み会や会社イベントに参加しないと、コミュニケーション能力が無いとみなされる
  • 飲み会では社長や取締役へのお酌で行列が出来る
  • お酌にこなかった部下をチェックしていて評価に反映
  • 上司を飲み会に誘わずに、翌日に上司が気付くと、仕事に支障がでる
    ※ 小さな事で怒られる、稟議を承認しない、またはケチをつけて差し戻し
  • 上司がお中元、お歳暮、年賀状、お礼を密かに期待している
    ※ 世話してやっているのだからお礼があって当たり前

 

 

当てはまる項目があればあるほど、昭和な価値観たっぷりの古い体質の企業と言えるでしょう。

 

この特徴一覧は古い体質の企業の定番メニューなので、一個あてはまるという事は、確実に複数個当てはまってしまうはずです。

 

 

対処法

このページを見ているという事は、会社に何かしらの違和感を覚えているか、もう会社にウンザリしながら読まれているはずなので、心の状態別に対処法を考えます。

特徴を見ているだけで身体症状が出た方

  • 明日には退職届を出して、その会社から離れましょう。

特徴を読んでいるだけで身体症状が出る、例えば、倦怠感、目まい、吐き気等を感じるという事は、すでに体はギブアップ状態で、心がかろうじて支えているに過ぎません。

心が折れて、心も体も病んでしまう前に離れましょう。

 

心と体の健康があってこその人生です。

 

会社を思い出し、重い気分になった方

  • 次なる一手を、この記事を読み終えてから考えましょう。

特徴を読んだだけで重い気分になってしまう人は、日曜の夕方、若しくは月曜の起床後も同じ気持ちになっているはずです。

 

会社にウンザリしながら、ズルズルと引きずられながら仕事をしていませんか?

心も体も疲れてきているのであれば、何かのきっかけで心身に異常が出る事があります。

 

筆者はある会社で上司と対立し続けた事があります。

上司は筆者のポジションに中途採用者を入れて、筆者を追い出そうと画策し、さらには提出するものは何から何まで差し戻す嫌がらせを行い、筆者も負けじと噛みついたり、上司の上司にクレームを入れたりと、さながら戦争状態でした。

 

しかし、部下である筆者は次第に戦況が不利になり、嫌がらせはエスカレートし、ある月曜の朝、

 

「このダルさは何?会社や上司の事を考えるとドーンと頭が重い。体も動かない。」

とノイローゼのようになり会社を休みました。

 

その直後、上司の不正が見つかり形勢大逆転となったのですが、あのままだったら間違いなく心と体の変調をきたし、辞めた事でしょう。

 

転職でも、独立でも、海外でも、なんでも出来る時代になったのですから、ウンザリした時間を前向きな時間に変える為にも情報収集を始めましょう。

 

この特徴はイヤだが、これを上回るメリットを享受している方

  • もっともっと他社で飛躍して世界に貢献して欲しい!

こうした方は、古い体質はおかしいと分かっていながら環境に適応し、上手く振る舞い、さらにはメリットを享受、具体的には報酬や相応の地位を得ているという事になります。

 

つまり、

「自分が置かれた状況を冷静に判断し、どう振る舞えばいいのか客観的に考える事が出来、さらにはそれを実行して結果を出している方。」

に他なりません。

 

こうした方はどこの会社に行っても、独立しても結果を出す事が可能なので、お好きなようにと言いたいところですが、是非転職して経営陣に

「優秀な○○さんが辞めてしまった。今のままではダメだ。」

(○○さん:これを読んでいるあなたです。)

と思わせて欲しいものです。

 

 

会社が変わる事は無理

オーナーがよほどの危機感を持って対処すれば別ですが、そうでない場合、変わることを期待するのは時間の無駄です。

 

残念な中間管理職

こうした古い体質の企業ではいまだに年功序列が機能している為、40~50代が会社組織の中枢である課長~部長職を担っています。彼らはこうした古い文化を変革できるポジションに居るはずです。

しかし、彼らは昭和な価値観しか認めない60~70代の取締役達にゴマすりばかりをしていて、悪しき習慣を見て見ぬふりをしています。

 

筆者が経営企画に携わっていた際、人事制度・就業規則を刷新して本人の選択次第でリモートワークを行える取り組みを進めようとしました。

 

役員兼部長は、

「おっ!いいね~。我が社もいよいよリモートワークだね!ただ会社に出てくればいいなんていう時代は終わっているからね!通勤の無駄も省けるし、さっさと進めよう!」

と喜び勇んでいたのもつかの間、

 

社長(当時60代後半)、取締役(60代前半)から猛反対を受けました。

「会社員っていうのは、きちんと同じ時間に出社して、上司に挨拶をして、上司の指導の下で仕事をするもんなんだ!」

「上司が監視していなかったら、みんなサボっちゃうじゃないか!」

と時代錯誤な事を言いだし、結局ボツになりました。

 

その時、筆者の上司は何を言い出したかというと、

「おっしゃる通り!やはり上司と部下が違う場所で仕事なんておかしいですよね。」

「リモートワークなんておかしな物が流行っていて困りますね~。」

「確認不足で申し訳ありません。こんな内容だとは知らなかったもので・・・。〇〇さんさぁ、もうちょっと考えてから提案するべきじゃない?」

とコロっと態度を変え、筆者は怒られてしまいました。

 

この話からも分かるように権力を握っている社長や取締役が60代以上の爺さんの場合、いくらその下が変革しようとしても、生殺与奪権を握る彼らに睨まれれば、大人しくするしかないのです。

 

しょせん部長や課長職といっても会社員に過ぎません。

40~50代となれば、特段の技術を持たない会社員は転職への道も狭くなるので、20~30代の頃のように「とんがった意見や行動」も出来なくなり、さらには家族、お金のかかる子供が居れば、保身に走る社畜に成り下がるしかないのです。

 

人生100年時代

「まだまだ若い者には負けん!」

と言っている60代の取締役を数多く見てきた経験からすると、この先10年程度で状況が変わるとは到底思えません。

更には生活環境や栄養状態の向上により、元気一杯の彼らは80歳近くまでは経営トップに居座り続けるでしょう。

 

この先10~20年経ったら、あなたは何歳になっているでしょうか?

「オッサン」「老害」と呼ばれるようになるまで待てますか?

 

 

昭和な価値観にメリットはあるが・・・

もちろん、これらの特徴にはメリットも含まれています。

例えば、会社イベントは団結力向上に有効であったり、職場の適度な緊張感は仕事を行う上で必要でしょう。

 

一方で、会社の将来を担う20~30代に昭和な文化を無理に押し付ければ、自由な考えを持つ有能な人材ほど去ってしまうのは明白です。

 

こうした古い体質な企業を例えるなら「和式トイレ」でしょう。

 

和式トイレは背骨が真っすぐになって用を足しやすいという数少ないメリットを持つ一方、慣れていない人達には足がしびれて長くしゃがんでいられないし、妊婦や高齢者にも苦しい恰好をさせる不親切なところが、古い体質の企業によく似ています。

 

「和式トイレ」にはもちろんメリットもありますがデメリットも多く、「洋式トイレ」の登場により、取って代わられたように、こうした「和式(古い体質)な企業」もいずれ姿を消していくことになるのでしょう。

 

 

 

 

おまけ

ちなみに「昭和な価値観」ですが、日本の高度経済成長期に育まれた価値観です。

 

日本は人口ボーナス期でもあり、

アメリカの真似をして、とにかく大量生産」

「誰が何をやってもうまくいく」

と簡単な時代だったので、真面目に言われた事だけをこなす人材が重宝されました。経営者も社員を飼いならして奴隷のようにする必要がありました。

 

良く言えば、社員は家族の一員(経営者:親、社員:子?召使?)で、上から下に管理統制が行き届き、部下は上司に従順である(死ねと言われれば死ぬ)。

悪く言えば、独裁で部下の意見は通らず、言われた事だけをやっていればよい、風通しの悪い組織と言ったところでしょうか。

 

高度経済成長が終わった1970年代から50年(半世紀!)近く経つのに、未だに根付いているこの価値観に恐ろしさを感じます。