ブロゲーロ

昭和な会社

退職を申し出る際に考えるべき事、待ち受けるトラップ(罠)にも注意

// 転職活動が終わり、退職の目処がつき、申し出を考え始めると、 「いつ言えばいいの?時期、タイミングは?」 「事前に何を考えておけばいいんだろう。」 「上司との話し合いは正直なところ気が重い。」 「上司に引き留められたらどうしよう。」 「申し出…

頭の悪い上司には「カラのレジ袋」のように対処し、会社で生き残る

// 「そのやり方、頭悪いんじゃない?」 「そんな事も知らないの?」 「このまま進めたら、大失敗になりそう。」 「この頭の悪い上司と一緒に責任取りたくない!」 「頑固だし、反対意見なんて絶対聞かないし・・・、どうしよう。」 上司と話しているとこん…

無能な上司にイライラした時の対処法と、彼らの特徴と成り立ち

// 「昨日と言ってる事が違うんですけど?」 「上司へのゴマすりばかりで、どこ向いて仕事してんの?」 「稟議の中継と部下の仕事の邪魔ばかりで、他に何か仕事してるの?」 「見ているだけでイライラする!」 と、優秀な部下であればあるほど、無能上司を見…

朝からラジオ体操強制は、古い体質で無駄な仕事だらけの会社のサイン

// 「朝のラジオ体操は強制だし、気が重い」 「しかも外で、何かの罰ゲーム?」 「この会社、無駄な仕事だらけじゃない?」 「お客様じゃなくて上司に向けた仕事ばかり」 こうした無駄な仕事ばかりさせる、古い体質の会社ではどうすればいいのでしょうか。 …

退職を申し出たら裏切り者扱いされた時の対処法(古い体質の会社)

// 退職を申し出た翌日くらいから、職場に違和感を感じ始めます。 「職場の同僚がよそよそしいのはなぜ?」 「上司が挨拶を返してくれないのはなぜ?」 「上司が攻撃してくるのはなぜ?」 「自分がやってきた仕事が突然方針転換されちゃうのはなぜ?」 それ…

タテ社会(古い体質の会社・組織)に関わるなら、読みたい一冊

「みんな「ウチの会社」って言うのはなぜ?」 「上司に反論したら評価を下げられたのはなぜ?」」 「中途で入ると浮いた感じになるのはなぜ?」 「無価値な老害が偉そうにしているのはなぜ?」 古い体質の企業に入社したり、組織に入ると必ず感じる「なぜ?…

「会社を辞めたい」と思ったら、素直にその気持ちに従いやるべき事

// 「もうこの会社ウンザリ。」「会社の事を考えるだけで鬱になりそう。」「さっさとおさらばしたい。」と、こんな思いが強くなったら、 やるべき事があります。 このブログのまとめ これまでの仕事を整理して市場価値を計測 市場価値が無いなら歩くのがおす…

昭和な価値観で古い体質の日本企業の特徴(≒ブラック企業)と対処法

昭和な価値観満載の古い体質の会社にいると、ある日、違和感に気付きます。 「この社風、今の時代にあってない。なんか古臭い。」 「会社の雰囲気や緊張感に違和感を感じる。」 「会社に居るとなんだか息苦しくて辛い。」 こうした会社は間違いなく古い体質…

転職出来ないゼネラリスト(社畜)を養成する古い体質の日本企業(≒ブラック企業)の人事

「まとめ」と「始まり」 ゼネラリスト(社畜)養成人事とは しがみつかざるを得ない社員 プロ集団の会社 ゼネラリストにもいいところはあるが・・・ // 「まとめ」と「始まり」 まとめ:社外でも生きて抜けるプロを養成する人事システムに変更を 年功序列や…

会社での朝のあいさつ、帰りのあいさつに見え隠れする古い体質、でも効能もある(はず・・・)

結論、はじめに 「あいさつ行脚」 「あいさつ」を軽視すると、 こんなに重視するのは何故? 「あいさつ」の効能 最後に // 結論、はじめに 結論:朝の「あいさつ」、帰りの「あいさつ」は大きな声で、効能も有り! 「あいさつ」を重要視、偏重する上司が多い…