ブロゲーロ

頭の悪い上司には「カラのレジ袋」のように対処し、会社で生き残る

頭の悪い上司には「カラのレジ袋」のように対処し、会社で生き残る

 

 

「そのやり方、頭悪いんじゃない?」

「そんな事も知らないの?」

「このまま進めたら、大失敗になりそう。」

「この頭の悪い上司と一緒に責任取りたくない!」

「頑固だし、反対意見なんて絶対聞かないし・・・、どうしよう。」

 

上司と話しているとこんな事を思う事があります。何とか軌道修正させたい時におすすめの方法があります。

 

このブログのまとめ
  • 風に漂う「カラのレジ袋」になる
  • 上司の意見を最優先
  • 隙を突いて自分の考えを反映
  • 見ている人は見ている
  • 必ず評価される
対象の方
  • 頭の悪い上司に悩まされている方
  • 頭が悪くて強情な上司を上手く軌道修正したい方

 

筆者は約20年、日本企業等、5社に所属したり、製造業が中心ですが何社もの企業に訪問し、上司と言われる方々と一緒に仕事をしてきました。

 

このほとんどの期間を情報システム業務に携わってきたので、上司がITについてよく知らないというのは日常茶飯事でした。

 

数年前、ある会社の情報システム部門に所属していました。

 

上司は情報システム業務の知識も経験も無く、そうは言っても筆者の上司なので、ネットで聞きかじった知識で優位を保ちたいと必死な様子でした。

 

ある日、上司とシステムの今後について話していると、意見が対立しました。

 

筆者は熱くなり、

「ITの専門知識も無いし、SEやPGの経験もないくせに、聞きかじった知識だけで、分かったような事を言わないでください。」

と言ってはならない一言を上司に放ち、非常に険悪になりました。

 

席に戻り、イライラしていると、とある先輩が、

「道端のカラのレジ袋にならないと。」

と教えてくれました。

 

「頭をカラにして、上司に迎合しろっていうの?」
と最初は憤慨しましたが、その先輩のやり方を見ていると実に上手く上司をコントロールしていました。

 

筆者もマネをするようになるにつれ、上司をコントロール出来る様になり、無用なストレスが減りました。

 

そもそも、こんな上司に見切りをつけてヒラリと転職でもしたいところですが、

「だって、そんなに簡単に辞められない。」

が本音なので、上手く上司をコントロールするしかありません。

 

 

「レジ袋」に物は入れない

レジ袋に物を入れると風が吹いても飛べないのと同じように、自分の考えを持っていると重くなります。

 

そうなると「風」である上司の意見や考えに対して反応は鈍くなります。

 

なので、レジ袋からあなたの考えは全て出してしまいましょう。

 

「頭の悪い上司の意見に迎合しないといけないの?」

と言われそうですが、上司との無駄な対立を避ける為にも先ずやるべき事です。

 

自分の意見をしっかり持つ事は素晴らしい事だと筆者は考えます。

しかし、組織で働く以上、上司を優先させるのは当たり前です。

 

自分の考えを徹底主張していると、最初のうちは上司も意見を聞いてくれます。

 

ただし、それは興味本位です。

 

上司も人間なので、自分の意見を押し通したいし、部下を従わせたいと思っているのに、意見対立するばかりの部下。

 

調子に乗って自分の意見ばかりを言っていると、次第に煙たがられます。

 

いつしか上司の意見に従順に賛同してくれるカラのレジ袋(イエスマン)が現れ、上司はそちらを大事にするようになります。

 

次第にあなたの評価は下がり、

 

昇給や昇格はカラのレジ袋達に奪われ、

 

最後は閑職に追いやられます。

 

筆者は、SEや経営管理をやっていたので、あらゆる職種の方と話す機会がありましたが、こうした閑職に追いやられたのに自分の考えをわめき散らすオジサンやオバサンをたくさん見てきました。

 

こうした事にならないために

 

 

カラのレジ袋のように舞う

上司を褒めちぎる

  • 「このバカ!」の言葉は飲み込んで、褒めまくる!

 

上司の考えを聞いたら、カラのレジ袋のようにフワリと反応し、

「おっしゃる通り!さすがは○○社長!○○取締役!○○部長!○○課長!素晴らしいお考えですね。」

と、どんな意見であっても上司に敬意を表し、褒めます。

 

自分の確固とした考えがあったり、上司の能力が低いと感じていると、良いとも悪いとも分からない微妙な表情をしたり、黙ったり、時には正論をまくしたてて否定してしまうものです。

 

筆者もこうした態度で上司との関係悪化という失敗経験を何度もしているので、どんなに上司の意見がバカらしくても先ずは尊重してあげましょう。

 

上司も人の子、褒められれば嬉しいものです。

 

たとえそれがお世辞だと分かっていても。

 

自分の考えは付け加える

  • 褒めて上司の気持ちが大きくなった隙を突く!

 

褒めて尊重した後で

「私は不勉強でこんな考えやアイデアしか思いつきませんでした。ちょっと話してみてもよろしいでしょうか?」

や、

「このお考えに、これ(自分の考え)を付け加えたら、もっと面白くなりませんか?」

と、事前にレジ袋から出し、しまっておいた自分の考えをさりげなく披露しましょう。

 

褒められて気分が良くなっている上司は必ず聞きます。

 

大抵の上司は、あなたの話を聞きながら、自分の誤りや抜けに気付き、

「あっ!ここはこうしないと失敗するかも。なるほど理にかなっているな。それなら、これを付け加えて・・・」

と、あなたの意見を取り入れて軌道修正をしてくれます。

 

真っ向否定はしない

レジ袋に重い物が入っていると風に反応しないように、確固とした自分の考えや、普段から上司を無能であると思っているほど、

この「最初に褒める」が出来ないものです。

 

筆者も20~30代の頃は、

「固くなった頭で何を言ってんだか、このオジサンは。もう時代遅れなんだよ。」

と思い、上司が意見を言い終わった瞬間に真っ向否定したり、

 

筆者の専門分野の知識が無い上司には、

「それは違います!これはこうです!そんな事も知らないくせに口を出すのはやめてもらえませんか?」

と話を遮ったりし、上司に煙たがられ、対立していました。

 

その結果、新規プロジェクトから外されたり、炎上案件をアサインされたりと散々いじめられる事になりました。

 

なので、真っ向否定だけはしない事をおすすめします。

 

 

手柄は上司のモノ

前述の方法では、上司の考えがメインになり、仮に部下の考えが8割採用されたとしても、上司の考えがメインになります。

 

結果、仕事が上手く行き、良い結果が出たとしても手柄は上司のモノです。

「私が軌道修正しなかったら失敗したくせに。」

「ほとんど私のアイデアのくせに。」

と思いますが、ここは耐えて上司を称賛しましょう。

 

こうした時に上司の上役や同僚に、

「私がこう言ったから~」

「私のアイデアが~」

「上司のアイデアだけだったら、今頃は~」

とアピールするのは慎みましょう。

 

見苦しいだけではなく、階層(ヒエラルキー)を意識出来ないダメ社員と見られてしまいます。

 

どんなに頭が悪くても上司はリーダーなのです。

 

せっかくの成果なのに、無駄なアピールで「自己主張の強いバカ」というレッテルが貼られてしまうのはもったいない限りです。

 

 

いつまで頭の悪い上司に耐えるのか

頭の悪い意見を聞き、気を使い、軌道修正したのに、手柄は上司のモノ。

 

なんとも理不尽な状況ですが、組織で働く以上はつきものだと筆者は考えます。

 

これが出来る人は有能

筆者は「カラのレジ袋」が出来ず苦労しましたが、これが出来る方は本当に有能だと思います。

 

  • 理にかなった考えを持っている
  • 状況に合わせてその考えを発信できる
  • 階層(ヒエラルキー)を配慮できる
  • 人(上司すら)を上手く使うことができる

 

これだけの能力を兼ね備えている人はあまり居ないのではないでしょうか?

 

一方で、自分の考えは持っていても、組織や自分の置かれた状況を考慮できずに突っ走り、上司を上手く使うことも出来ずに対立し、辞めていく。挙句の果てにネットにネガティブな書き込み。

 

こうした同僚達をたくさん見てきました。筆者もその一人です。

 

しかし、こうした能力を兼ね備えている人を世間が見逃しません。

 

見ている人は見ている

最初に出てきた先輩ですが、その後、大躍進をしました。

 

上司の昇進に合わせて彼も昇進し、ある時、取締役会で企画を協議する事になりました。

 

頭の悪い上司は単独で対応できるはずもなく、先輩を同席させました。

 

取締役達からの質問にスラスラと答える先輩、一方の頭の悪い上司は質問にしどろもどろになり、先輩に助けを求める始末。

 

その後、取締役達の目に留まった先輩はどうなったかは言わずもがなです。

 

この先輩は上手く行き過ぎた例かもしれません。

 

仮に機会に恵まれず、他の会社に転職する事になったとしても培った能力は活かす事ができるので、無駄ではありません。


この方法は全く面白みが無く、どちらかと言えば古臭いやり方かもしれませんが、 

頭の悪い上司を上手く操り、会社生活をしなやかに生き残る為にも「カラのレジ袋」を試してみる事をおすすめします。

 

これで記事は終わりとなります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事は筆者自身の会社員経験等を基にしています。

多少なりとも参考になれば嬉しい限りです。