ブロゲーロ

DELE B1対策、試験攻略法と日々の具体的な勉強方法のまとめ

DELE B1対策、試験攻略法と日々の具体的な勉強方法のまとめ

 

 

「DELE B1はどんな試験問題?攻略法は?」

「どんな勉強をしていけばいいの?」

「どんなテキストや問題集を使えばいいの?」

「難易度は?独学で可能?」

「B1は就職や転職に有利なの?」

 

筆者は3回もB1受験をしてしまったので、どんなものか見えてきました。

 

このブログのまとめ
  • リスニングの難易度に注意
  • 基本文法・単語とシャドーイングは必須
  • B1は簡単では無いが、難しい訳では無い
  • B1はB2への通過点
  • 就職・転職には残念ながら無価値
対象の方
  • DELE B1の合格を目指している方
  • 不覚にもDELE B1に落ちて勉強方法を見直している方

 

筆者はスペイン語圏で2年ほど仕事や生活をし、日本に戻ってから約10年は全くスペイン語の勉強をせず、ほぼ全てを忘れた状態から勉強を再開し、オフィスでコソ勉をしたり、週末に図書館で勉強をし、DELE B1、B2を取得しました。

 

ちなみにB1は2回落ちました。B2も1回落ちました。

 

振り返ると、自分の興味ある分野しかやらない自己満足な勉強、仕事を言い訳に継続して勉強しないといった時間の無駄ばかりしてきました。

 

これを読まれている方は、筆者と同じ遠回りはせず、最短で合格してもらいたいので、合格の際に行なっていた勉強方法を中心にまとめておきます。

 

 

試験概要と攻略法

読解・文法(Comprensión de lectura)

試験内容

順番 問題数 内容 解答方法
TAREA 1 6 読解 6人の意見を読み、それぞれの意見に当てはまる短文を選択 8つの短文から6つを選択
TAREA 2 6 読解 長文の内容把握 内容に合致する回答を選択(3択)
TAREA 3 6 読解 3人が同一テーマで話した文章を読み、誰がどんな事を言ったのか把握 特定の内容について3人のうち誰が言ったのか選択(3択)
TAREA 4 6 読解 長文内の空欄に、内容と合致する短文の穴埋め 8つの短文から6つを選択
TAREA 5 6 文法 長文内の空欄に、内容と合致する単語の穴埋め 内容に合致する回答を選択(3択)

 

時間
  • 70分

 

ポイント
  • TAREA 4 の短文の穴埋めは想像以上に時間がかかる
  • TAREA 5 の文法穴埋めは3~4分で終わらせる

 

おすすめの解答順
  • TAREA 5 → TAREA 3 → TAREA 1 → TAREA 2 → TAREA 4

 

簡単な文法穴埋めのTAREA 5と、3人が同一テーマを話すTAREA 3は表現が簡単なので、それぞれ、3~4分、5~6分、あわせて10分以内で済ませ、残る60分で残りの問題を解くのがおすすめです。

 

なぜならTAREA 4の短文の穴埋めは想像以上に時間がかかるので、順番通りやっていると簡単に得点できるTAREA 5の文法穴埋め問題の時間が無くなる可能性があります。
仮にTAREA 1から順番通りやったとしても、TAREA 4にトライする前に文法問題を終わらせておくのがいいでしょう。


リスニング(Comprensión auditiva)

試験内容

順番 問題数 内容 解答方法 備考
TAREA 1 6 短いメッセージ 何を言ったのか合致する回答を選択(3択) 1問毎、2回聞く
TAREA 2 6 独白(モノローグ) 内容に合致する回答を選択(3択)  
TAREA 3 6 短いニュース 内容に合致する回答を選択(3択) 2回聞けるが、1から6まで通して聞く
TAREA 4 6 6人が同一テーマでそれぞれ話す 9つの短文から内容に合致する短文を選択(9短文中、6短文)  
TAREA 5 6 女性と男性の会話 会話内容について2人のどちらが言ったのか、
両方とも言っていないのか選択(3択)
 

 

時間
  • 40分

 

ポイント
  • TAREA 1, TAREA 4 は比較的簡単なので取りこぼさないように
  • TAREA 2 の独白は意外と難しく、焦らされる
  • TAREA 3 はTAREA 1と同じ進み方だと思っていると、設問の進むスピードが速く感じて、焦らされる

 

B1、B2に共通して思ったのは、

「リスニングだけ別次元の設定にしていませんか?」

ということです。

 

リスニング試験は難しいと感じる事が多いようで、以前、別の受験者とも話をしましたが同じ感想を持っていました。

特に年齢を重ねるにつれ、リスニングは苦手になる傾向もあるようなので、オーバー40の方にとってはリスニングが鬼門になります。

 

TAREA 2に関しては独白を2回聞いてから解答の選択をしようとしても時間がないので、

「独白を聞きながら、内容を把握し、問題文も読んで、解答を選択する。」

という、なかなか高度な同時進行能力を試される事になります。

 

さらにTAREA 3も設問の進みが早く感じ、焦らされることがあるので、比較的簡単なTAREA1, TAREA 4は確実に解答し、50%は手堅く確保したいところです。


作文(Expresión e interacción escritas)

試験内容

順番 内容 文字数
TAREA 1 家族、友人等から来たメールへの返信 100-120文字
TAREA 2 短文を読んで指定されたテーマで作文 130-150文字

 

時間
  • 60分

 

ポイント
  • 指示事項に完璧に従って考え、書く
  • 下書き用紙はメモ書き程度で利用し、解答用紙にどんどん書く。
  • 下記ながら指示事項を見直し、逸脱していないか確認

 

作文で一番大切なのは「指示事項」に従う事です。

 

TAREA 1であれば、「始め、終わりのあいさつ」や内容に沿った指示事項が列挙されています。

TAREA 2でも、

「テーマについての経験、思い出」

「どう感じたのか?」

等、指示事項があります。

 

試験といえども、書き始めて気分が乗ってくると、ついつい指示事項を逸脱してしまい、自分の思いを書いてしまいがちです。

結果、必要以上に書いてしまうと、時間を浪費してしまい、TAREA 2の最後の方で時間が無くなってしまうという事態にもなりかねません。

こうした事態を防ぐためにも、ポイントに書いた通り、指示事項に従い、逸脱していないか確認しながら書くことをおすすめします。

 

次に、ボールペンで書いていくので、間違った箇所を黒塗り等で消す必要があり、

「下書きしてからじゃないと、黒塗りだらけで汚くなったら点数に響くのでは?」

と思ったりもしますが、筆者は3回目の受験の際に、気に入らなかったらとにかく黒塗りで消し、最後は政府の開示文書?のように黒塗り部分が増えてしまいましたが、結果は合格でしたので問題は無いようです。

下書き時間は勿体ないので、どんどんと解答用紙に書いていく事をおすすめします。


口頭(Expresión e interacción orales)

試験内容

順番 内容
準備 別室でTAREA 1の2つのテーマから1つを選択し、15分で話す事を準備
TAREA 1 選択したテーマについて述べる(2~3分)
TAREA 2 テーマについて面接官と質疑応答
TAREA 3 2枚の写真から1枚を選択し、1分ほど眺めてから写真描写(1~2分)
TAREA 4 写真のテーマについて、面接官と質疑応答

 

時間
  • 準備15分
  • 試験15分

 

ポイント
  • TAREA 1, TAREA 3には型があるので、まずは型にはめてみる
  • TAREA 2, TAREA 4は普段の常識を外して喋りまくる

 

TAREA 1

指示事項を外さず、型にはめる

  1. 序文(一般論)
  2. 発展(実例)
  3. 結論(意見、好き嫌い)

テーマの指示事項があるのでそれに従って上の型に従って話していくのがいいでしょう。

 

例)テーマ:好き、嫌いな大統領

1.序文

世界には有名だったり独裁的な大統領が居る。例えば、~、~。

今日はアメリカの大統領の話をする。

2.発展

彼は不動産会社の社長だった。彼の奥さんはきれいだ。

就任してからはいろいろと大胆な活動をした。

貿易戦争をしたり、国境に壁を作ったり

3.結論

彼は行動力はあるが、アメリカは分断してしまって残念だ。

 

このように序文、発展、結論のイメージにあてはめていくと、準備の15分で慌てる事はありません。

 

 

TAREA 3

指示事項を外さず、下の型にはめて話をする。

  1. 何人?性別は?
  2. 関係性は?
  3. 性格は?
  4. 外見は?
  5. 場所はどこ?
  6. 背後には何がある?
  7. 何してる?
  8. 何を思っている、話している?

写真を見ながら練習する際は、この順番通りに話しをして、順番を頭の中に叩き込んでしまう事をおすすめします。この8項目を話せば、指示事項はほぼ全て網羅出来ます。例え、他の指示があったとしても1個程度なので、慌てずに補足すればいいでしょう。

 

 

TAREA 2, TAREA 4

  • 試験官が採点するのは「あなたの考え」では無く「あなたのスペイン語力」

面接官に質問をされて、

「普通はこんな考え方しないよな。やばい、どうしよう。」

となる場面が出てきた場合は、これを思い出しましょう。

 

例えば、

面接官:

「地球環境問題はどうすれば解決出来ますか?」

受験者:

「人間を絶滅させる事が最良の解決方法です。」

これを文法で間違える事なくスペイン語で表現できれば、マイナスになるポイントはどこにもありません。

 

「きちんとした考えをしてから答えなければ。」

と無意識に考えがちですが、口頭試験は「スペイン語力」を判定しているのであって、「考え」を判定しているのではないのです。

 

筆者もこの罠に無意識にハマり、オンライン会話で模擬試験をやっている時も答えられない事がありました。

ある時、DELEの試験官をしている先生に指摘され、目が覚めました。

 

この「きちんとした考え」は真面目な方ほどハマってしまいますが、

「こんな面白い考え方で表現してやろうか。」

と、普段からトレーニングする事により「自由に考え、表現する」事が出来るようになるので、常識の枠から外れ、楽しんで表現する事をおすすめします。

 

 

分野別対策(勉強方法)

読解・文法

語彙
  • 基礎単語をしっかり固める

A1、A2と段階を踏んでいる方であれば、基礎単語は網羅されているかもしれません。一方で、スペイン語圏で生活をしてきて、いきなりB1から受験される方は意外と基礎単語の抜けがあったりするので、下のリンク記事のような基礎単語テキストを利用し、網羅的に基礎単語全般を固め直す事をおすすめします。 

 

読解

総合問題集を繰り返し行う事によって読解力を鍛える事はもちろんですが、やはり日常的にスペイン語を読んで読解力や語彙を強化する事をおすすめします。

 

筆者はこの2つをよく利用しました。

 

NHK WORLD-JAPAN」は毎日更新され、日本のニュースが中心なので、ネットやテレビの日本語ニュースで、

「この単語はスペイン語で何と言うのだろう?」

と疑問に感じたようなものがニュースに出ているので、効果的に語彙強化も出来ます。

 

International Press en español」は政治、経済、社会といったお堅いニュースばかりでなく、恋人・結婚関係にまつわるテーマまで幅広く扱っているので肩の力を抜いて読むことができます。
※ 2020年3月13日現在:ページ上部にアドセンス広告がデカデカとあり、見にくい感じがします。

 

逆におすすめできないのは「BBC Mundo」です。

とにかく1記事が長く、難解な表現も多く、さすがイギリスのNHKだけあってお堅いテーマが多く、B1レベルだと読んでいるうちに意味がつかめなくなり、つまらなくなってしまいます。

 

まずは楽しく毎日読む事ができる、

NHK WORLD-JAPAN

International Press en español

をおすすめします。

 

文法(接続法も)
  • 基礎文法を徹底マスター

B1は中級と位置付けられていますが、文法問題は基礎文法を習得していれば、スラスラと直感的に解く事ができます。

ただし、基礎文法の全範囲を習得しておく必要があります。下のリンクで紹介しているような基礎文法ドリルを繰り返し行えば確実に高得点を狙えます。 

 

接続法に関してはB1で出題されるのは

「接続法現在」

だけですが、必ず1~2問は出題されます。感覚で解いてもなんとかなるレベルですが、その先のB2も目指しているのであれば、下の記事リンクで紹介している接続法ドリルを始めてみてもいいかもしれません。

 


リスニング

試験概要と攻略法にも書きましたが、B1/B2ともにリスニングについては

「別次元?ゲームだったらゲームバランス悪すぎ!」

と思うくらい難しく感じます。

 

筆者の場合、リスニングが必ず足を引っ張っていたくせに、ただ漫然と問題集のリスニング問題を繰り返し解くだけでした。これは本当に遠回りでした。

 

この方法だと、

「リスニング問題に慣れるが、リスニング力が十分強化できていない。」

という事が2回目の「NO APTO」で分かりました。

 

沢山聞き流せばリスニング力は強化できるとよく聞きますが、「効果的に」という部分には疑問符がつきます。ましてや社会人ともなれば勉強時間は限られているので、長時間、聞き流す事もできません。

 

そこで辿り着いたのが「シャドーイング」でした。

 

筆者はB1受験時はシャドーイングの教材としてPreparacion DELE:Libro CD - B1NHK WORLD-JAPANスペイン語作文の方法構文編・表現編を利用しました。

 

「スペイン語作文の方法」はページ下部の書籍紹介にリンクを貼っておきます。

 

1日10分でもやる事を心がけた結果、3ヶ月を過ぎる頃には

スペイン語がなんだかハッキリ聞こえてくる」

という効果を感じました。

 

詳しいやり方については別記事で書いていますので、参考にしてみてください。

 


作文・口頭

  • オンライン会話の有効利用
  • 事前準備が無ければレッスンは無価値

作文と口頭については、スペイン語の先生(ネイティブ)に添削してもらう必要があります。

 

語学学校に通っていないのであれば、オンライン会話を利用する事をおすすめします。

筆者はオンライン会話を利用して準備を進めました。

 

ここでも筆者は遠回りをしました。

いつも漫然とレッスンを予約し、何の準備も無く雑談をし、

「なんか喋れるようになった気分。」

と満足をしていました。

 

そして、たいした準備もせずにB1に臨んだものの、自分の思うままに自分勝手にしゃべり、指示事項からも逸脱し、当然、思うような点数は取れませんでした。

 

やはりきちんと練習をしてから試験に臨めば、自信を持って答えられる事を3回目にして知りました。

 

詳しい情報については別記事でも書いていますので、参考にしてみてください。

 

総合問題集と過去問

テキスト

「Preparación al DELE B1」「Cronómetro」の2冊が有名ですが、やはり「Preparación al DELE B1」がテーマ別になっていたり、問題数も多かったりとアドバンテージがあります。

 

B2にはなりますが、参考までに問題集比較をしていますので、参考にしてみてください。

 

やり方

どちらの問題集を買ったとしても繰り返し行うに限ります。最低3回はやりたいところです。

ただし、リスニング対策にも書きましたが、特にリスニング問題は繰り返し解く事によって問題音声を覚えたりするので、高得点を取れるようになります。

繰り返し解く事によりリスニング力は強化されているのですが、それ以上に「問題慣れ」の部分も大きく、「出来るような気持ち」になって本番に臨み、筆者と同じように痛い目に遭わない為にも、別教材で純粋なリスニング力強化を行う事を強くおすすめします。

 

P Alzugaray(著), M J Barrios(著), P Bartolome(著) 他
Edelsa(2013年10月8日)

解答とトランスクリプトは別冊になります。

P Alzugaray(著), M J Barrios(著), P Bartolome(著) 他
Edelsa(2013年10月14日)

 

「Cronómetro」はページ下部の書籍紹介にリンクを貼っておきます。

 

過去問

上記のテキストがあればやる必要は無いように感じますが、念のため公式ページの過去問も紹介しておきます。

 

examenes.cervantes.es

 

難易度と独学

難易度

  • 簡単では無いが、難しいわけではない

筆者はB2も受験しましたが、B2と比較するとまさにB1は中級と感じました。

 

B2の文法問題では重箱の隅をつつくような問題が出たりもしますが、B1では基礎文法を習得していれば確実に取れる問題となっているし、基礎単語をマスターしていれば長文もきちんと読めました。

 

独学

  • 充分可能だが、作文・口頭ではオンライン会話利用が必須

筆者は独学で勉強を進めました。ただし、作文・口頭の添削についてはオンライン会話と週末に2時間程度、日本に住んでいるメキシコ人に添削をお願いしていました。

 

メキシコ人とは対面で行なっていましたが、オンライン会話以上の価値を感じられなかったので、途中からはオンライン会話のみにしました。

 

分からない文法項目や表現もオンライン会話で質問する事は十分可能なので、あえて対面のスクール等に通う必要性は感じませんでした。

 

筆者の経験を基にすると、B2までは独学は可能と言えます。

 

 

B1の就職・転職における価値

  • 就職や転職には全くの無価値
  • B1はB2への通過点

 

最後に悲しいお知らせとなりますが、残念ながらB1レベルでは就職や転職には全く役立ちません。筆者はB1を持って転職活動をした時期がありました。

 

「B2には到達していないけど、それなりに使えるから企業も評価してくれるだろう。」

と甘い考えを抱いていました。

 

とあるメキシコに工場、スペインに支社を持つ日本の大手企業の面接で、

「(筆者の)経営企画や情シスの実務経験に価値はありますが、仕事に使えないB1レベルのスペイン語に価値はありません。でも生活程度なら出来ますね。」

と役員にグサリとやられ、

「頑張ってB1を取得したのに!これまでの努力をバカにしやがって!何様だ!」

と憤慨しました。

 

しかし、冷静になって考えれば、仕事で使えるスペイン語の最低ラインがB2と定義されている以上、いくらB1を取得して、

「B2はまだですが、ある程度は仕事で使えます。」

と強がったところで、

「仕事で使えるなら、きちんと書面で示してよ。あなたの実力を。」

と言われれば、返す言葉がありません。

 

となれば、就職や転職でアピールしたいならB2を取るしかないのです。

 

これが現実なようです。

 

これを見ているという事は、B1にチャレンジする方が多いと思います。

B1をチャレンジするという事はB2にチャレンジする一歩手前まで来ているのですから、自信を持って突き進んでいいのだと思います。

B1を突破し、そのままの勢いでB2突破される事を願っています。

 

これで記事は終わりとなります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事は筆者自身のDELE B1対策を基にしています。

多少なりとも勉強の参考になれば嬉しい限りです。

 


関連ページや問題集のリンク一覧

読解・文法

・語彙強化

www.bloguero.info

 

・基礎文法マスター

www.bloguero.info


・接続法

www.bloguero.info

 

総合問題集

・DELE B2 問題集の違い

www.bloguero.info

  

・El cronómetro

Alejandro Bech Tormo(著), その他
Editorial Edinumen(2013年1月1日)

 

リスニング

シャドーイング

www.bloguero.info

  

スペイン語作文の方法

小池 和良(著)
第三書房(2002年11月10日)
小池 和良(著)
第三書房(2006年9月25日)

 

作文・口頭
・オンラインスペイン語会話

www.bloguero.info